1. Home
  2. 花火大会開催概要

戸田橋花火大会の魅力・歴史

花火大会の魅力 花火大会の歴史 花火の仕組み・作り方 花火の種類

観客が、まちが、光と音に包まれる非日常体験

「戸田橋花火大会」の特徴として、打上げ場所と観覧場所との一体感が高く、あたかも頭上で大輪の華が咲くかのように花火を鑑賞でき、花火の迫力ある音を体の芯で感じていただくことができます。これは、宅地化が進んだ埼玉県南地域においても、荒川の河川敷や戸田ボートコースといったオープンスペースに恵まれていることで、尺玉(10号玉)を安全に打上げることができる環境にあることが大きな理由です。

打上げプログラムも、尺玉とスターマインを組み合わせることで、メリハリの効いた勢いのあるものにこだわり、守るべき伝統は守り、変えるべき点は時代に即する形で改良を加え、現在のスタイルを紡ぎあげてきました。特に、フィナーレを飾るウルトラスターマインは、誰もが息をのみ、自然に歓声と拍手が湧き起こる圧巻の迫力です。

また、戸田市はまち全体がコンパクトでフラットなため、まちの広範囲から花火を見ることができ、自宅周辺から花火を楽しむ方も多いなど、まち全体が花火の光と音に包まれ一体となります。こうしたことから、花火大会はまちの誇りのイベントとなっており、多くの市民や事業者から協力や協賛をいただくことにより、つくりあげられています。

そして、戸田橋花火大会最大の特徴は、荒川を挟んで対岸の「いたばし花火大会」との同時開催による相乗効果です。双方の特徴を融合し、県と都、市と区の垣根を越えて連携することで、約1時間30分の間に次々と打ちあがる両岸合計約12,000発の花火を、一度に楽しんでいただくことができます。

まちの歩みを映してきた花火大会の歴史

「戸田橋花火大会」は、昭和26年(1951年)に始まりました。この花火大会は、現在でも板橋区と同時開催している行事で、戸田では昭和40年と43年と平成23年に実施されなかったことを除き、今年(2016年)で63回を迎えます。板橋区と合同で行うようになったきっかけは、昭和25年(1950年)の戸田町と板橋区との境界変更の成立でした。境界変更を記念して戸田町の商店会等が2年前から実施していた花火大会の後援を板橋区に依頼することで始まりました。第2回からは、板橋区との同時開催ということで、荒川を挟んで対岸同士で花火を打ち上げるようになりました。

昭和35年(1960年)の10回大会までは、板橋区も「戸田橋花火大会」という名称で開催していましたが、11回大会から「区民納涼花火大会」となりました。

世の中がオリンピックでわいた昭和39年(1964年)には、その開会式の前月祭と称して時期を9月にして開催しました。このときの花火は、仕掛け台30台、打ち上げ400発以上と謳われ、普段より相当数の花火が用意されました。

翌40年(1965年)は、板橋区から地下鉄乗り入れ工事のため、花火大会中止の申し入れがあり、これまでの同時開催の経緯から、この年には花火大会が行われませんでした。この後、昭和43年(1968年)に、戸田市(昭和41年に市制施行)でも花火大会が行われないことがありました。一方、板橋区側も昭和48年(1973年)から花火大会を再開しました。また、平成23年(2011年)は東日本大震災の影響で中止となりましたが、平成24年(2012年)から復活することとなりました。

花火の仕組み・作り方

  1. <火薬の配合、調合>

    原料を計量し混ぜ合わせます。配合する種類、割合により光・色・音などが決定されます。 江戸時代は木炭の種類を変えて赤色を出していたようですが、現代ではストロンチウムの赤、バリウムの緑、銅の青、カルシウムの黄などの薬品の炎色反応を利用しています。

  2. <花火玉に入れる火薬作り>

    ~大きく分けて2種類の火薬を作ります~

    ●花火の色を出す「星」作り
    配合した火薬を水に溶いたものにつけ機械で回転させながら大きな玉状の粒を作っていきます。戸田橋で上げる一番大きな10号玉(尺玉)用の星を作るには1カ月ほどかかります。違った色の火薬を二重三重に掛け重ねるこの「星掛け」という技法は外側から燃えていくにつれ色が変わることができる日本独自の繊細な技術です。

    ●花火玉を空中で割り、星を広げるための火薬「割薬」作り
    火薬を水に溶いたトロと呼ばれるものに籾殻を入れて火薬も混ぜて作ります。

  3. <玉込め>

    玉皮(半球の紙製の容器)に星と割薬をならべていき、中央に導火線をさしこみます。 出来上がった半球状の玉皮2つを1つに合わせ球状の花火玉となります。

  4. <玉貼り>

    クラフト紙に米の粕で作った糊をつけたものを花火玉に何度も貼っては乾かすことを繰り返していきます。この玉貼りによって強度が増しますが、均一に貼り上げないと弱い部分ができてしまい、花火が開いた時にいびつな形となってしまいます。ここにも日本の花火師の職人技が活かされています。

こうして花火職人の手によって前年の冬ごろから一つ一つ手間をかけられ作りだされた花火玉は、一瞬の輝きでその役目を終えますが、今年の夏も私たちに感動と素敵な夏の思い出を残してくれるのです。

花火の種類

花火の主な形状には右記のようなものがあります。花火の名前「玉名」はこうした形状のほか色や変化の仕方を組み合わせる場合が多くなっています。
もっとも伝統的な花火です。星が尾を引きながら、丸く大きく開きます。
土星
土星の形をしたもの。
1本の長いワイヤーに無数の細長い筒状の花火を吊り下げ、一斉に点火します。火の粉が流れ落ちる様子はナイアガラの様です。
牡丹
「菊」と似ているが、違いは星が尾を引くか引かないか。尾を引かない「牡丹」は、「菊」と比べるとあっさりとした印象です。
大柳
柳を何倍か大きくしたものです。
スターマイン
時間差で次々と打ち上げる迫力満点のスターマイン。大会の目玉としてクライマックスに使われる事が多いです。
星が長く尾を引き垂れ下がる様子は柳のようです。
椰子
太くて長い花弁をもつ椰子の木を表現しています。「金椰子」「銀椰子」「色椰子」「バリ椰子」などがあります。
蝶々
物や動物などの形を表す花火で型物と呼ばれています。最近ではアニメのキャラクターなどが人気です。
小割
大きな玉皮の中に小さな玉がたくさん入っている花火です。